先輩からのメッセージ

堀間 夏音 | 斎藤 佳奈 | 比嘉 めぐ美 | 田中 愛香 | 鈴木 貴大 | 武藤 翔子

堀間 夏音

堀間 夏音(加工課)

2018年4月入社

私は加工課で見返しや4頁を折る仕事をしています。
紙質によっては折るのが難しく大変ですが、やりがいはあります。
機械の調整はまだ難しく上手くいかないこともありますが、
わからないことは放置せず先輩に教えてもらいながらがんばっています。

斎藤 佳奈

斎藤 佳奈(並製課 主任)

2008年4月入社

私は並製課でトライオートという機械のオペレーターをしています。
書籍にカバー・帯を掛けることや、売上カード・ハガキ・チラシなどの投込みを入れることもこの機械で行います。
本ができあがる最終工程で、お客様が書店で一番最初に必ず目にするところなので、
カバーの傷や汚れ、背文字などの品質には特に注意しています。
トライオートのオペレーターになって6年になりますが、まだまだ学ぶことはたくさんあります。
これからも今の技術に満足せず、良い本を作れるように努力していきたいです。

比嘉 めぐ美

比嘉 めぐ美(並製課)

2016年4月入社

私は並製課の丁合機の担当をしています。
作る本によってセッティングの仕方を細かく変えるので難しいこともありますが、
慣れてくれば上手にセット出来るようになります。 社会人になって2年経ちました。
学生時代とは違って毎日大変ですが、 先輩に仲良くしてもらって楽しく仕事をしています。

田中 愛香

田中 愛香(上製課)

2017年4月入社

私は上製課に所属しており、上製本の表紙を貼る機械のオペレータをしています。
機械の稼働中は破れや傷が付いていないかのチェックをしたり、表紙を貼る為の
膠(にかわ)の供給や濃度調整の水を入れたりしています。
まだスムーズに行かなかったり出来ないこともあって大変ですが、
まわりの人に助けられながら頑張っています。

鈴木 貴大

鈴木 貴大(上製課)

2011年4月入社

私は上製課でコンパクト(ドイツKOLBUSU社製くるみ機)という機械を担当しています。
上製本の表紙を付けたり、形を整えるための機械です。
本をくるむために必要な素材(表紙・花布・寒冷紗・地券紙・クレープ紙など)を機械にセットしたり、
稼働時の本の出来の検品などをしています。
誰の身近にもある「本」を自分の手で作れることが私の誇りです。

武藤 翔子

武藤 翔子(管理課)

2018年4月入社

私は営業部の管理課に所属しています。
本の進行状況のチェックや配本明細の作成や入庫物の記録を行い
各フロアの生産や物流をサポートしています。
私が処理のミスをしてしまうと、生産や物流を滞らせてしますので、
気を緩めず見逃しが無いようにしっかりチェックしていきたいと
思います。
最初の頃は手順を覚えることで精一杯でしたが、最近はどうすれば
効率よく正確にチェックできるかを考えながら作業を行っています。

▲PAGE TOP

Copyright (c) Book art All rights reserved.